撮鉄紀行「銚子電気鉄道」

JR銚子駅の外れの先の方に可愛い小さな駅舎が見える。トンガリ帽子の建物のホームにはマッチ箱ほどの古めかしい車両が
止まっている。先年、社長の業務上横領事件で運転資金の不足を生じ、鉄道車両の法定検査が行えずぬれ煎餅の販売やら、
安全運転問題の解決を支援するため、有志がサポート資金の募集を行ったりと話題には事欠かない。終点の戸川駅は鄙びた
駅舎が旅情をそそり、テレビの「澪つくし」で有名になった場所でもある。存続の危機を脱したかにみえるものの心配ではある。

電車はデハ300・700・800・1000形、電気機関車はデキ3形、トロッコ客客車客車はユ101澪つくし号。桃太郎ラッピングや銚子
塗装など楽しさ一杯である。伊予鉄道から800系(元京王帝都電鉄2010系)を譲り受ける計画があり又楽しみが増えた。

銚子駅   仲之町駅   笠上黒生駅   海鹿島駅   犬吠駅   外川駅




JR銚子駅ホームのずっと先の方に可愛い小さな銚子電鉄の銚子駅がある。







その世界では有名な「デキ3形」


その世界では有名なデキ3型



中間地点にあるのか、上りと下りがすれ違う



遠くにはあまりにも有名な「銚子の灯台」とその先に「青い海」が見える


桃太郎ラッピングの電車



奇跡の復興もこの「ぬれ煎餅」のお陰でか?





トロッコ客車「ユ101みおつくし号」



戻る           T.Yamaguchi           E-mail