心に残る ちょっと良い話


今はやりの自分史という訳でもないけれど、入り口にライオン像が鎮座まします某老舗百貨店での30年間の
サラリーマン生活に訣別して2年の月日が経過した。時代背景、自己都合など理由はいろいろあるが、
その感慨は「面白うて、やがて哀しきサラリーマン」といったところだろうか?
今でこそやれ実力主義だの能力主義だの声高に叫ばれているが、当時は典型的な上意下達の縦割り社会。
サラリーマンにはつきもののお定まりの上層部批判をしながらも「君 君たらずとも 臣 臣たれ」などと勝手に
 思いこみ、ひたすら会社、上司に忠誠を誓って朝早くから夜遅くまで家庭も省みず過ごした30年間。
だが、結果がどうであれ私自身決して悔やんではいない。なんとなればそれは「自分で選んだ道」だから
そんなサラリーマン生活の中で<休日><給料日>も嬉しかったが、最も嬉しい事は有能な指導者、上司に
巡り会う事に尽きる。私の場合図らずも幸運な事に多くの有能な上司に恵まれて、自分自身の成長に大いに
刺激を受けた事はサラリーマン冥利に尽きるなあと感謝の念で一杯である。
今思い起こすと誠にラッキーとしか言いようがない。
そんな30年間のいろいろな場合、場面で上司から戴いた私にとっては成長の糧となった金科玉条とも言える
心に残るちょっと良い話(?)の数々を思いつくまま書き綴ってみる事にしよう。
Last Update 2004.8.16                                   Since 2001.6.16

「提灯と灯台」 「水鳥の唄」 「野鴨の情け」 「氷が融けたら 何になる」
「米の飯」 「そんなこと聞いてないよ」

 「蜂に刺された」

「雨が降るのも 予定のうち」
偉いのはハンコ 「部長じゃありませんから…」 「見つけた人が先」 「自分で選んだ道だもん」
前の人がやった お前にしては……

「提灯と灯台」(目標通りの売り上げがいかない時に一言)
「提灯」は足元を照らし、「灯台」は先を照らす。商売をしていくうえで、まず大事な事は今日の売り上げを目標通り達成する事。と同時に今のうちから先の事も念頭に置き、準備計画を立てて置く事。3ヶ月先、6ヶ月先の事を今のうちからやっておけば、その時になって苦しまない。今日の売り上げがいかないと言うことは3ヶ月前、6ヶ月前に今日のために何も準備をしていなかったと言う事。即ち、「提灯」は足元で今日の売り上げ、又「灯台」は先で3ヶ月先、6ヶ月先の売り上げ。此の両方があってこそ、はじめて商売はうまくいく。

「水鳥の唄」―(初めて社会人となり、配属された新入社員に一言)
あなた方は昨日までは親からお金を貰ってお客様で買う立場、しかし今日からは売場に立って自分でお金を稼ぐ売る立場。お客様の立場で外から百貨店を見ていると、綺麗なお店で只にこやかに立っていればいいと思っていたかも知れないが、内に入ってみると実際には汗かき、べそかき、ホコリまみれで真っ黒になって動かねばならない。そういう姿は外からは見えない。丁度「水鳥」がそうで、外から見ていると優雅で、綺麗に見えてはいるが内(水中)では見えない所で足をバタつかせ、もがいている。そして外からではそんな姿は分からない。今日から考え方を変えてください。「外からと内からでは全然違う」事に。

「米の飯」―(毎日の売上の基となるのは何なのかを真剣に考えろ)
メガネ売場での事。月末になり部長から「今月は何で売上目標がいかなかったのか?」と聞かれて、チーフ「金、ベッコウのフレームが売れなかったのでいきませんでした。」それを聞いたとたん「お前は何を考えているんだ。高級フレームが売れなかったから売上目標に達しなかったのではなく、日々の売上のもととなる2〜3万円のフレームが売れなかったから売上目標に達しなかったのだ。高級フレームが売れなかったらその分日々の売上のもととなる2〜3万円のフレームで取り返す事を考える事こそが大切な事なのだ。俺たちは日本人だ、日本人の主食は米の飯。言い換えれば2〜3万円のフレームが米の飯であり、高級フレームはステーキだ。ステーキはたまに食うから美味いのだ。いつも高級フレームが売れると思ったら大間違い。もっと日々の売上のもととなる日本人の主食の米の飯を大切にしろ」。早い話、百貨店も同様で店にとっての米の飯は紳士用品、婦人用品、雑貨品、食料品であり、ステーキは美術品、宝飾品だ。美術品、宝飾品の売上も大事だが、それよりもっと店として真剣に取り組むべきは紳士用品、婦人用品、雑貨品、食料品ではないのだろうか。これらの売上こそが百貨店の主食なのだ。高級品がいつも売れると思ったら大間違い。美術品、宝飾品はたまに売れるからこそ美味しいのだ。

「野鴨の情け」―(後進の指導、育成にあたってのHow to)
Once upon a time. とある田舎の小さな沼。毎年冬になると野生の鴨が渡ってくる。沼の畔の小屋番のお爺さん、雪に震える野鴨が可哀相で餌をやります。餌を食べに野鴨がおりてくる。餌をやる、おりてくる。餌をやる、おりてくる。親切なお爺さんのお陰で野鴨はいつも餌が食べられます。ある日、お爺さんはフッとした事で死んでしまいました。何の苦労もしないでいつも餌を食べられた野鴨は、餌をとる事を忘れてしまいやはり死んでしまいます。部下が可愛い、仕事が終わらなくて可哀相だ、部下から良い上司だと思われたい、普通の人間なら誰でもそうです。終わらなくて可哀相だから、俺が代わりにやってやる。これも事と次第によっては大事な事だが、ここで大切な事はいつも可哀相だからと代わりにやってあげてばかりいると、出来なければやってくれるという気持ちがおこり自分一人で物事を最後までやり遂げる事が出来なくなってしまいます。いつも他人をあてにしてしまい、本人の為には決して良い結果につながらない場合があります。辛い事ではあるが、たまには突き放す事も大事な事。いつも突き放してばかりではやる気がなくなってしまうが、たまには突き放して一人でやり遂げさせてみる事も部下を育成する時には大切な事ではないでしょうか。

「氷が融けたら 何になる?」―(こんな子供に育てたい)
何処にでもあるようなある町の幼稚園での事。先生が園児に「氷が融けたら何になりますか?」と訪ねた。殆どの園児が「氷が融けたら水になります」と答えた中で只一人だけ「氷が融けたら春になります」と答えた園児がいた。思わずドキッ、エー、この感性の素晴らしさは何なんだ。そこで先生に聞いたところその園児の祖父は高名な日本画家、両親は音楽家との事。さすがにこの羨ましい程の感性は日々の生活の中でこそ形成されるものなのだとつくづく感じ入ってしまった。そこは親馬鹿で若干の期待をしながら、家に帰って幼稚園に行っている我が家の子共にもちょっと聞いてみた。「氷が融けたら何になる?」そして一言「水に決まっているよ」だって。期待通りといおうか期待はずれといおうか、多少残念な気持ちもあったがやはり俺の子とへんなところで納得。たが「魚の絵を描きましょう」と言われて、発泡スチロールの皿にラップに包まれた切り身の絵だけは描かないと信じてやまない。

「雨が降るのも、予定のうち」―(細心の注意と万全の態勢で事に臨んでいるか)
「普段店頭には出す事ができないブランド品をお買得価格でご用意し、特別なお客様だけをホテルにご招待」などと銘打って「2日間限りのデラックスバザール」が開催されたある日の事。年間で雨の降る確率が低いこの時期を選んだものの天候は無情なもので、初日は生憎の雨。夕方近くになって営業部長がホテル会場にやってきた。「どうだ、お客様の入りは?売上は?」「はい、今日はご覧の通り朝から雨で、来客数も売上も思わしくありません」「フーン、……」とそのまま帰っていった。次の日2日目。昨日とうって変わって朝から晴天の好天気。そして夕方近くになって又営業部長がホテル会場にやってきた。「どうだ、お客様の入りは?売上は?」「はい、今日はご覧の通り朝から晴れ上がり皆さん旅行やレジャーに出かけて来客数も売上も思わしくありません」。それを聞いた営業部長が一言。「君、雨が降ったらお客様は来ない、晴れたら来ない。一体いつお客様は来るんだね。“雨が降るのも、予定のうちだよ”」と。雨が降れば来客数が減るのは自明の理。だったら、雨が降る事を想定して1ヶ月前、2週間前から何か手を打ったのか?(広告チラシの作成、店内外の掲示、中吊り、駅貼り、前売活動、外販、電話作戦、頒布会、抽選会、特別割引、目玉品作成etc.)。開催前に、細心の注意を払ってお客様にも社員にも徹底したPR活動を展開し万全の態勢で催事に臨んだか?来客数が少ないのは雨のせいではない。今でも覚えています。「君、雨が降るのも、予定のうちだよ!」

「そんなこと聞いてないよ」─(聞かれていることだけに正確に答えなさい)
人事課から連絡があった。「JRが人身事故で不通になっている。開通するまでに2、3時間かかるもよう。その線で通勤している社員は遅れます」との事。そしてやがて部下のE本氏も遅れて出勤してきた。私は人事課から連絡があったのでその訳を知ってはいたがE本氏に敢えて聞いてみた。「今日は何時に出勤したんだ」と。彼曰く「いやあ、乗っていた電車が人身事故で遅れてその線で通っていた社員は皆遅れています」と。やはり案の定の答えである。私が聞いているのは何時に出勤したかであって、人身事故で電車が遅れたかどうかではない。答えは「○時に出勤しました」とそれだけである。そして「では何で遅くなったのか」と聞かれた時に「実は人身事故があり……」である。たまたま私はこの売場に異動になる以前企画宣伝部にいたのでそう思うのか知れないが、売場に異動になってからなんと聞かれた事に答えず、まずは自己の正当性ばかりを主張する社員が多いなあと感じていた。企画宣伝部では仕事の大部分が時間との戦いであった。言い訳どころか自己の正当性などを主張していて仕事が滞ったら一大事でとにかく聞かれた事だけ正確に答える事を勉強してきたので敢えて聞いてみたのだった。そりゃあ、正しいかも知れないが自己の正当性を主張して時間に遅れて折り込みチラシが出ない週など考えられないもの。そして人間、都合が悪くなるとついあーだこーだと言い訳がましくなるものではあるけれど。それから一時期「そんなこと聞いてないよ」が売場の流行語になったものだった。

「蜂に刺された」─(こんな社員が記憶には残るのだなあ)
内部をご存じの方も多いとは思うが百貨店にいる社員の半分は各企業からのお手伝いの方所謂<派遣社員>で残りの半分が実際の社員である。今やその比率はますます高くなり故にその店の特徴がなくなり故に<その店らしさ>が消滅しかけている。以前はあるサービスを聞くと「ああ、それは◯◯店だ」と分かったものなのだが。そんなある日、あるテナントの責任者が「M脇君が休みます」と報告にきた。急に休んだので人手が足りずに困ったと言っている。休んだ訳を聞いてみると何と「蜂に刺された」という。そんな事もあるんだと感心したのだが2,3日後又責任者がやってきて「M脇君が休みます」と。訳を聞くと「蛇に噛まれた」と思わず耳を疑った。そんな馬鹿なとは思いながらこれまた感心しきり。そして1ヶ月の間に急に休んだのが5回、その理由もさらに驚くべきものが報告された。曰く「トラクターにひかれた」「子供を落として蹴っ飛ばした」。そして最後に決定的な理由が報告された。何と「疲れた」だって。おいおい、いい加減にしてよ。よりにもよって「疲れた」はないだろう。会社と訣別して早や4年。不良社員だった私は会社の事もまして社員の事も忘れかけているのに、何故かこのM脇君の事だけは鮮明に記憶に残っている。

「自分で選んだ道だもん」─(厭だなんて思った事なんかありません)                        
H15 3/27の朝刊を読んでいて面白い記事に出会った。その中の一節<国鉄の全線乗車を果たした宮脇俊さんは「切符なり写真なり、踏破の証拠はあるか」と聞かれ、答えている。「そんなものはありません。自分自身のためですから」と。私も数年前に同じような言葉を聞いた事がある。しかも女性のそれも新入社員からであっただけに余計に記憶に残っている。あれは彼女が入社して約1年が経過しようとしている頃の事。同期入社の女性同士が休憩時間におしゃべりしていた。1年が経過して大分仕事にも慣れそれなりに良かった事、厭だった事などいろいろな事を経験し思い思いの気持ちを話し合っていた時の事だった。男性に限らずいや女性の方が理想と現実のギャップを感じるのか、聞くともなしに聞いていると相も変わらず体制批判やら上司批判の声が聞こえてきた。なるほど新人の彼女たちにもいろいろとあるんだなあと妙に納得しかけた矢先の事。女性だけにストレートな感情が話の内に感じられた頃、件の彼女にも同意を求めて話の矛先が廻ってきた。そんな中こんな一言で私は頭をハンマーでガツーンと殴られた。「そんなものありません。だって、自分で選んだ道だもん」。そうなんだよね、体制批判をしたって上司の悪口を言ったって体制が良くなる訳ないんだよね。会社を良くするのは自分自身だと、他の誰でもない我々がしなければならないんだよね。廻りを見渡すとこういう輩が多いのだ。特によく考えて欲しいのは中間管理職だ。役付けでありながらそういう姿を目にする機会がある。愚痴ばかり言っていないで、会社を少しでも良くしたいと思うならこう言ってやりたい「自分で選んだ道だろう」と。件の彼女に乾杯。

「部長じゃありませんから…」─(部下を偉くする)
毎度の事なのだが提出書類の多いのが会社の常である。良い会社は書類も少ないし書類の決済印の数も少ないと誰もが分かっ
てはいるのだが。いよいよ月末も間近に迫り今日も今日とて各部長に<今月の売上見込みと施策・対策>なる書類が廻ってきた。
そこでF課長に書類作成を指示したところ「これは部長がやる書類です。私は部長じゃありませんから…」と言う返事が返ってきた。
私は常々上司から<一格上の仕事をしろ>と教えを受けていたのでF課長に言った。「部長だからこの仕事をするのではないよ。
この仕事をするのが部長なんだよ。この仕事が出来ればもう部長なんだよ」と。お陰様でF課長はその2ヶ月後の異動で他部の部
長に昇格して今でも見事にその重責を全うしている。

「見つけた人が先」─(そこに学校教育と社会教育の差があるのでは)
バブルがはじけ一時よりは人数は減ったがそれでも毎年新人が入社する。まあ、及びもつかぬ言動が時として新人類とか超人類
とか言われて久しいが、年々その感が強まってきたのはやはり自身が歳をとってきたせいなのか。今日も今日とて先月入社した
ばかりで新人研修中の女子社員が売場を歩いている。ふと足下にゴミが落ちている。気付かずに通り過ぎようとしていたので「ゴミ
が落ちていますよ」と注意したところ「ゴミは一番先に見つけた人が拾うんじゃないですか?」だって。思わぬ返答にギクッ。さすが
に超人類と呼ばれるだけの事はある。そうか、学校では先に見つけた人が拾うと教えるのだ。だが、自分の家でもそうだろうし特
にここは歴史330年余を冠につけ接客を生業とする最前線の売場。私にしてみればこの商売、売場を歩いている時はゴミが落ち
ていないか常に気にしながら歩いて欲しいという思いで注意をしたし、もし30年前の私だったらすぐに拾い、周りにも落ちていない
チェックする位の事はしたとは思うのだが。翌日、件の女子社員が友達と話していた「昨日さあ、変なおじさんにさあ…」。嗚呼

「偉いのはハンコ」─(お前が偉くなったのではない)
「今、人事課で昇格辞令を受けてきました」とE君が報告にきた。サラリーマンにとって役付者 になる事は何よりも嬉しく、それが又
初めてであれば言わずもがなである。そんな時私は必ずこう言う。「初めて役が付き嬉しいだろう。部下を持ち、取引先の方々も
皆お前に頭を下げてくるだろう。でも自分が偉くなったと決して思うな。預かったハンコが偉いんだ。ハンコに頭を下げているんだ。
ハンコは社内でしか通用しない。その証拠に街を歩いる人がお前に頭を下げるか?お前が偉くなったのなら街を行く人も皆頭を下
げるだろう。くれぐれも自分が偉くなったなどと思わないでくれ」と。役が付き、ハンコを持たされて、自分が偉くなったと勘違いした
殆どの社員が、いつの間にか途中からその姿を見せていない。

「前の人がやった」─(いつまで経っても在庫はへらない)
「現在の経済状況のもと、会社の経営状態を良好に維持していくために、まずなすすべき事は金利負担を減らす事。」会議の度に
いつも上司から聞かされる常套句である。そのためには在庫を圧縮すること。分かりきった原則である。ある日、本社から異動で
赴任してきた上司から突然強い口調で「この売り上げでこの在庫はなんなんだ。普通の会社だったらとっくに倒産している」と叱責
された。あまりにも強い口調であったため思わず「私がこの課を担当してから一切在庫は増えておりません。前の人のままです。」
と答えてしまった。「お前がいつまでも前の人がやった。と思っていたらいつになっても在庫は減らない。前の人のままかも知れな
いが今はお前がここの責任者だ。現在のこの課の責任は全て自分にあると思わなかったら決して在庫は減らない。」と言われて
思わずハットとした。そうだ、今は俺がここの責任者だ。俺が前の人がやった、前の人のままだなんて思っていたら、おっしゃる通
り、いつまで経っても在庫は減らない。そしてその日からわたしの仕事は在庫を減らす事が最優先となった。お陰で3億円あった
在庫は今では5千5百万円になっている。今考えるとその上司にうまく乗せられてしまったように思える今日この頃である。

「お前にしては…」─(人の心をつかむ一言)
サラリーマン特に男にとって一番嬉しい事、それは<有能な上司に巡り合う事>に尽きると思う。サラリーマンにとって人事異動は
付き物で、上司も部下も自分で選ぶ事はできない。そんな中、自分を成長させてくれる上司に巡り合える事ほど嬉しい事はない。
今思うと私は人事異動で出会った上司が皆尊敬に値する方々だった事に感謝せざるを得ない。所謂サラリーマン冥利に尽きる。
ある時、上司に報告書を提出した。その中に記載ミスがあったのを提出後に気が付いた。「しまった」と思ったが、案の定早速呼び
出しを受けた。なんで俺だけこんなにと思うほどその叱責は厳しかったが、自分自身でミスに気が付いていただけにいかんともし
難い。やがて「そんなに言わなくても……」と少々腐りかけてきた頃、上司が一言。「お前にしては珍しいミスだな」と。「えっ、お前
にしては珍しいミス」。という事は上司は俺のことをちゃんと認めていてくれたんだと思ったとたん、今まで腐りかけていた気持ちは
もうどこかに吹き飛んでいた。今思うとその一言で見事に上司の思惑通りつぼに嵌まりこんだしまったのだが、私にとってはとてつ
もなく大きな一言であった。

ご意見、ご感想はこちらまで  
                                                          Written by T.YAMA