撮鉄紀行 久留里線

木更津駅から上総亀山駅までの32.2km、約1時間程の間に駅数で14駅(内無人駅は10駅)で未だに単線、非電化の
東京近郊では非常に珍しいJR久留里線。タブレット交換風景でもお馴染みだが、数年前より3両を国鉄色に塗装した
事でまたまた人気が出て、今や撮鉄ファンが押し掛ける風景に地元の方々が驚いている昨今である。地元ではクル
クルパーから「パー線」の愛称で親しまれている典型的なローカル線である。

2008  2009 2010 


2012
2012年3月16日をもってタブレット交換風景が見られなくなるとの事で、天候不順の中久しぶりの晴れ間を見計らって
久留里線に出かけた。都内からもわずかな距離でもあるし、春を迎えたハイキングシーズンでもありタブレット交換が
なくなるとの情報と週末の土曜日とあいまって大変な人出であった。やはりと言うべきか、中高年のおばさん方と若い
学生たちのマナーの悪さに呆れ返った一日であった。列車が到着するとドアから飛び出してきて、時間前から整然と
ホームにカメラを構えた我々の前を平気で横切るわ、携帯電話のカメラで思い切り手を伸ばすわ、挙句の果てには
カメラの前に立ち塞がるわで、気の弱い我々中高年のオジサン方は呆気にとられただ茫然と立ち竦むだけであった。

「横田駅」でのタブレット交換


「横田駅」風景


同じく「横田駅」の一コマ


「久留里駅」でのタブレット交換風景


再び「横田駅」にて


久留里線終点の「上総亀山駅」にて


「久留里駅」に掲出された横断幕


運転席の「タブレット再度確認」の文字ももう見納めだ。


タブレット型の「記念入場券」を購入。


久留里線全線に亘って、こんな風景が続く。


2010年4月30日と5月1日の2日間のみ、18年振りに国鉄色塗装3両編成が久留里線を走るという事で車をとばした。

田植えの終わったばかりの水田に影が映り込んだ。









高台の人気スポットには数時間前から三脚が所狭しと並んだ。



DE10のプッシュプル運行があり大勢の撮鉄が訪れた。




トロッコ列車「風っ子くるり号」が運行された。





今や久留里線の名物となった「タブレット」の交換


終着駅の「上総亀山駅」も今日は大人気のスポットとなった。


戻る           T.Yamaguchi           E-mail